トップページ > 3Aマグネシア > 便秘薬 マグネシアのウン蓄 > ① 活性酸化マグネシウムと水酸化マグネシウム

◆ 便秘薬 マグネシアのウン蓄

① 活性酸化マグネシウムと水酸化マグネシウム
② マグネシウム便秘薬の効き方(作用機序)
③ マグネシウム 栄養素と便秘薬 どう違う?
④ マグネシウムは大腸ガン予防に?
⑤ マグネシウム摂取は糖尿病予防にも
⑥ 昔から使われているお薬 昔って? 実は明治4年

◆◆ ① 活性酸化マグネシウムと水酸化マグネシウム

マグネシウムの便秘薬にもいくつか種類があります。
代表的なのは、酸化マグネシウムと水酸化マグネシウムです。
その違いは、一言で言うと水を集める力の大きさ!

酸化マグネシウムの化学式は

酸化マグネシウムの化学式

一方、水酸化マグネシウムの化学式は

水酸化マグネシウムの化学式

つまり、酸化マグネシウムは、水酸化マグネシウムに比べて50%も多くのマグネシウムが
含まれているのです。だから水を集める力も1.5倍!!

3Aマグネシアは、酸化マグネシウムのお薬です。

さらに3Aマグネシアの酸化マグネシウムは、特殊な活性酸化マグネシウム!
通常の病院などで処方される酸化マグネシウムよりも、水を集める力の強いマグネシウムなのです。

水を集める力