トップページ > 3Aマグネシア > 便秘薬 マグネシアのウン蓄 > ③ マグネシウム 栄養素と便秘薬 どう違う?

◆ 便秘薬 マグネシアのウン蓄

① 活性酸化マグネシウムと水酸化マグネシウム
② マグネシウム便秘薬の効き方(作用機序)
③ マグネシウム 栄養素と便秘薬 どう違う?
④ マグネシウムは大腸ガン予防に?
⑤ マグネシウム摂取は糖尿病予防にも
⑥ 昔から使われているお薬 昔って? 実は明治4年

◆◆ ③ マグネシウム 栄養素と便秘薬 どう違う?

 厚生労働省によると日本人(成人男子)の1日あたりのマグネシウム必要量は370mg。
それに対して、食事から摂取しているマグネシウムは270mg。1日あたり約100mgの
マグネシウムが不足していることになります。
 便秘薬のマグネシウムの一部は、腸から吸収されて、栄養素として体の中で働きます。
(②マグネシウム便秘薬の効き方 参照)
 腸で吸収されなかったマグネシウムの一部が、大腸で便秘薬としての働きをするのです。